​ガイドライン

東洋国際映画祭2021では短編映画作品を公募しています。世界各国の協定校を含む東洋大学コミュニティ内で開催されるイベントであり、個人参加、グループでの参加は問いません。ノミネート作品は2021年12月11日の上映式で公開され、受賞作品は当日の観客と審査員の投票によって決定されます。全ての提出作品はこちらのWebサイトにてアーカイブ公開されます。

Image by Denise Jans
​ガイドラインはこちら

完全版のガイドラインはPDFドキュメントでもご利用できます。​ボタンを押すと新しいタブに遷移します。

​基本要件

  • 本イベントのテーマ・要件に沿った作品であること。

  • 作品の総放映時間は5~10分以内であること。

  • 本イベントの公用語は英語とするが、英語以外の言語を使用することを可能とする。その場合は英語の字幕を作品に直接挿入すること。

  • 作品提出の際には、サムネイル・映画概要を添えること。作品はポスターやWebページ、その他イベントの広告に使用されます。

  • 作品のタイトル名は [TIFF_Your film title_Film]、サムネイルのタイトル名は[TIFF_Your film title_Thumbnail]とします。タイトルには空白や記号(!,?,%,$,*,etc)を含めることはできません。

  • 応募時点で過去に別のプラットフォームで応募していない、本映画祭に向けてのみ制作された作品であること。

  • データ提出のみ受け付けます。

  • 作品は日本時間の2021年10月30日23時59分までに提出をお願い致します。これ以降は一切提出を受け付けません。

 

​技術的要件

  • 作品の形態はMOVまたはMP4であること。

  • 作品はオーディオ、動画、字幕がそれぞれ対応し、ひとつのファイルに統合されていること。

  • ファイルサイズが5GB以下であること。

  • 映像の解像度は横長で、1920×1080px(アスペクト比16:9)として下さい。

  • 映像・音声ともに高品質なものを推奨します。(コーデック形式:映像はH.264 high profile 、 音声は複雑度の低い AAC)

 

​著作権に関する注意事項

  • 応募作品の著作権は応募者に帰属します。但しイベント運営は本映画祭の運営上の目的においてのみ、無償かつ自由に応募作品の複製、第三者​への貸与、上映、翻訳を行う権利を有するものとします。

  •  規制の音楽、映像(テレビ・ラジオ等)等を使用する場合には、使用許諾・使用料など、所定の手続きを済ませて下さい。

  • 著作権フリーの素材を使用する場合は、各素材の使用規約に従ってください。

  • 公共の場で撮影を行う場合には、通行人を無許可・無承諾で撮影するなど、肖像権の侵害に十分注意して下さい。

  • 上記の規定を満たしていない作品については断りなく選考から除外する可能性があります。また規定を満たしていたとしても、本映画祭の目的に適さないと判断された作品(暴力、差別、迫害を含むコンテンツ)も同様に選考から除外することがあります。

  • 応募作品の著作権に関する問題が発生した場合、応募者が全責任を負うものとし、運営は一切の責任を負いかねます。

 

​作品応募フォーム

​東洋大学国際映画祭2021

短編映画作品
​募集中!!